So-net無料ブログ作成
検索選択

昔話の桃太郎を桃子にすれば男女平等か [怒事。呆事。]

桃太郎は反男女共同参画?
名古屋 女性の会が啓発劇収録

 おとぎ話の「桃太郎」を題材に、男女共同参画や人権について考えてもらう名古屋弁の創作劇「モモタロー・ノー・リターン」のビデオ収録が30日、北名古屋市法成寺の市文化勤労会館であった。

 創作劇を上演したのは「北名古屋市女性の会男女共同参画委員会」の20人。同会の前身の旧師勝町婦人会は2004年、男女共同参画を分かりやすく啓発しようと、静岡県の高校教諭が書いた創作劇の台本を基に、せりふを名古屋弁に書き換えるなどして手作りで劇を制作した。各地で公演したことがきっかけで、国と愛知県の補助金により劇がビデオに収められ、県内の自治体に配布されることになった。

 物語は、桃太郎に登場するおじいさんが川へ洗濯に、おばあさんが山へしば刈りに行くなど、これまで当たり前に受け入れてきた役割を入れ替えて、固定していると思いがちな男女の役割について考えてもらう内容。主人公も女性の「桃子」とし、犬や猿、キジを連れて乗り込んだ鬼が島では「男も女も、男だから、女だから、ということで区別されず、それぞれが個人として尊重される」などとする3カ条の「鬼が島改造計画」を鬼たちに提案する。

 創作劇は25分の長さで、ビデオは年明けにも完成する運び。大口喜久子会長は「50代から70代までの女性ばかりで、発声練習から始めてようやく形になった。このビデオが啓発のきっかけになればうれしい」と話していた。

もはや男女平等を叫ぶ馬鹿共につける薬はないようだ。

桃太郎は桃太郎であって、桃子ではないし、
鬼に男女平等を提案する話の展開も凡人の私には理解不能だ。

昔話という文化を改変することで男女平等が実現するのだろうか。
男女平等とは、かくも浅はかなものなのか。

昔から女子供と老人は守られるべきと考えられてきた。
それは男女の役割が違うからに他ならない。
それらの権利も蜂起するのか。
レディースデーや女性専用車両の廃止も訴えてはどうか。
戦時に女性が徴兵されないことも批判してはどうか。

文化に対する無理解からくる誤解のなんと多きことか。
相撲の土俵、トンネル工事、女人禁制なのには理由がある。
日本に深く根差した宗教行為であり、文化と言えまいか。
それを無視し、ないがしろにする行為は許し難い。

-------蛇足。
こうした輩が行動すればするほど主張そのものが怪しくなってくる。
そのことに早く気づいた方がいい。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 4

相撲の女人禁制は、大相撲と国技館の土俵だけだったように思います。
地方大会で勝ち抜いた女子が、国技館の土俵には上がれないので、全国大会を辞退しなければならなかっという記事をずいぶん前に見たように思います(記憶に間違いがなければですが)。
相撲の土俵の女人禁制は、本当に理由があるのでしょうか?
by (2006-12-03 06:42) 

■全国共通 女性専用車両 総合スレッド Part13■

■全国共通 女性専用車両 総合スレッド Part13■
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/rail/1163492233/
by ■全国共通 女性専用車両 総合スレッド Part13■ (2006-12-03 15:40) 

真実の声

男女平等を反対する馬鹿につける薬はないようだ

もう一回推敲してみろ、詭弁や矛盾だらけ

もし分からないようなら、お前の頭じゃ最早無理だ

同じ趣味のお仲間と馴れ合ってろ

お前の望む社会はこない
by 真実の声 (2008-07-06 06:48) 

えもんかけ

≪中華民国憲法は、男女平等と書かれているようです≫

 中華民国(台湾)憲法の第7条によると
 「中華民国(台湾)の人民は、男女、宗教、種族
  階級、党派を分つこと無く、法律上では一律の平等が在る。」
  と書かれているようです。 


http://info.gio.gov.tw/ct.asp?xItem=13370&CtNode=904&mp=1#2

http://74.125.153.132/search?q=cache:OtskNgNz6xsJ:www.gio.gov.tw/info/news/constitutionc.htm+%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%B0%91%E5%9C%8B%E6%86%B2%E6%B3%95&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&lr=lang_zh-TW

 中華民國行政院新聞局

  中華民國憲法

  ・第 二 章 人 民 之 權 利 義 務 § 7-§ 24


   中華民國三十五年十二月二十五日制定
   中華民國三十六年一月一日公布
   中華民國三十六年十二月二十五日施行


   第一章 總綱

     ~

   第二章 人民之權利義務

    第七條 中華民國人民,無分男女,宗教,種族,
        階級,黨派,在法律上一律平等。



by えもんかけ (2009-09-18 05:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。