So-net無料ブログ作成
検索選択

チンピラ国家中国にたかられる日本 [中国との諸問題。]

日本は中国にとって都合のいい『打ち出の小槌』に過ぎない。


遺棄化学兵器処理費 中国要求丸のみ巨額化

法外な森林伐採代償/プール付き宿舎
 中国に旧日本軍が遺棄したとされる化学兵器の廃棄処理問題で、中国側の要求を丸のみした結果、日本が拠出する処理費用が野放図に巨額化している実態が、内閣府の資料などからわかった。例えば施設建設に伴う森林伐採では、国際価格の数十倍という法外な代償を認め、要員宿舎はプール付きの豪華版としている。事業は今冬にも施設建設に入るが、費用の不透明性を残したまま見切り発車すれば、予算の垂れ流し、税金の無駄遣いにつながるのは必至だ。(長谷川周人)
 内閣府の予算関連資料によると、吉林省敦化市郊外のハルバ嶺で建設が予定される処理施設の「インフラ整備諸費」(共通施設分)に今年度、十八億五千万円近い予算が計上されている。
 避難路や要員宿舎の整備費用の一部に充当されるが、関係者によると、用地造成に伴う森林伐採で中国が要求した代償は「シラカバ一本百ドル」。しかし、シラカバは一般に製紙用以外に用途がなく「樹齢にもよるが二、三ドルが国際相場」(製紙業界関係者)とされ、日本は常識はずれの費用負担を強いられている。
 また、要員宿舎は「事業終了後の払い下げを見越し、地元当局から強い要望があった」(関係者)として、2LDKの豪華版で、プールなどのスポーツ施設が併設される予定だ。
 また、「環境関連諸費」(約千五百三十万円)の内訳をみると、「マクロ気象観測費」(約三百三十万円)と「ミクロ観測機器・機材整備費」(千二百万円)だが、気象観測といっても、中国軍の「気象専門員」が百葉箱を使い、気温や風向などを定時放送するというもの。日本側が「無意味に近い」と改善を要求したところ、中国側は「ならば地表温度なども計測しよう」と提案、新たな資材購入費として千二百万円を計上することになったという。
 このほか、中国はハルバ嶺に軍医療班を派遣しているが、絆創膏(ばんそうこう)一枚でも、日本人スタッフには「(解毒剤などが入った)段ボール三箱分の医薬品がセット売り」となる。しかも、なぜか産婦人科医を含む医師団は北京から送り込まれ、これら全経費が日本負担となっている。
 遺棄化学兵器の処理事業で、日本は今年度までに約九百七十億円を投入。処理方法を検討するなど準備を進めてきた。外務省によると、保管作業は昨年七月までに三万七千発分を終えた。
 今後は残る砲弾の回収と並行し、実処理を行う施設の建設に移るが、回収施設だけで九百七十三億円の建設費がかかることが判明している。このほか燃焼処理を行うメーンの前処理施設のほか、燃焼時に発生する汚染ガスの処理に環境対策費なども必要で、総事業費は「一兆円規模」との試算も出ている。
 しかし、遺棄砲弾数は二百万発と主張する中国は、その根拠すら示さず、情報開示を先送りしている。七十万発と主張してきた日本は独自調査に基づき三十万-四十万発と下方修正する方向だが、遺棄兵器の全容は見えていない。
 関係者からは「中国にとって処理事業は“金のなる木”。中国の機嫌ばかりを気遣う官僚の事なかれ主義を是正しなければ、いつまでも無駄な予算を垂れ流すことになる」と批判も出ている。

調子に乗るな。
中国のこの非常識さはなんだろうか。
本気で彼らが日中友好を考えているとは思えない。
いい加減にしないと本当に友好どころではなくなる。
中国はなぜそれに気付かないか。

やっている事は恐喝と何ら変わりない。
何が払い下げを見越したプール付きの宿舎だ。
払い下げ費用はもちろん日本に返還されるのであろうな。

おまけに白樺1本につき、相場の50倍もの伐採額。
百葉箱を使った気温や風向きの気象観測に1500万円。
絆創膏を一枚欲しくても段ボール3箱の医薬品。
ぼったくりバーや悪徳商法の方が良心的だ。
タチが悪過ぎる。

日本ははっきりとNOと言うべきであろう。
それで交渉決裂ならばかまわない。
我々の貴重な税金を世界の寄生虫にくれてやる必要などない。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 2

fooljoker

こんばんは。
要求する中国も問題ですが、それに応じる日本官僚もどうしようもないですね。記憶に定かではありませんが不発弾を見つけても違う場所に埋めて永遠に不発弾がなくならないと聞いた事があります。
本気で不発弾処理するなら自衛隊派遣して日本が責任持ってやった方がいいような気がします。
本当に中国関連の問題は・・うんざりしてきますね・・。
by fooljoker (2005-11-03 22:28) 

Mer-C

>フールジョーカー様
コメント、nice!ありがとうございます。
そうなんですよね。
なぜそれに応じるのか。
応じた日本人も同罪だと思います。

>不発弾を埋め替え続ける
私も聞いた事があります。
それを本当にしそうだから怖いですよね(笑)
確かに、自衛隊に全てやっていただくのが良いかもしれません。
中国側には一切費用を渡さずに。
しかし、それはそれで文句を言ってくるでしょうね。
『日本が軍隊を送ってきた!』と・・・。
はぁ・・・。疲れます(笑)

>ichiro様
nice!ありがとうございます。

>えっくす様
nice!ありがとうございます。
by Mer-C (2005-11-07 23:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。